pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point鉄観音茶を5煎以上飲む

塩竃中国茶講座
旧暦のお正月ということで、とんでもないお茶
値段もつけられないという鉄観音茶をいただいた。
香りと味を確かめながら二種類のお茶の飲み比べ。
ひとつは中国中で2㌔しか採れなかったという。
もうひとつは、コンクールで受賞したという。
茶葉は深い緑色で、ころころとした形状に見える。
どちらのお茶も一煎め
茶海の茶汁は黄金でに透き通っている。
両手の中の聞香杯からたつ香りは芳醇で
その味わいは深く、甘くも感じます。
二煎め、三煎め、四煎め・・・
色も、香りも、味も、ぜんぜん変わらない。
この地点で、お茶酔いが出てくる人も(@_@)
五煎め・・・いったいいつまで出るんだろ?
とにかく、素晴らしいお茶をいただくことができて
また中国茶の世界へ、はまりこむことになった。
スポンサーサイト

2006/01/30(月) | お茶の話 | トラックバック(-) | コメント(0)

point中国茶芸 緑茶・黄茶

廬山雲霧(ろざんうんむ) 双井茶(そうせいちゃ)
蒙頂石花(もうちょうせっか) 黄芽茶(おうがちゃ)
茶葉の色や形、香りも味もいろいろです。
廬山雲霧、黄芽茶は日本でもよく知られていますが
双井茶と蒙頂石花ははほとんど知られていないかも。
中国茶講座では、きちんと茶藝実技をしてきますが
お家で飲むときは、特別な道具はそろえることもなく
ティーポットに茶葉をいれ、お湯の温度(80度)と
蒸らし時間(60秒)さえ気をつければ(≧∇≦)b OK
蓋碗があれば、気分もでます。
爽やかな香りと甘味を感じ、シアワセ( -_-)ふっ

2005/10/04(火) | お茶の話 | トラックバック(-) | コメント(0)

point水出し紅茶

ミドリRガマゲ紅茶店から紅茶が届きました。
以前はダージリンが大好きでしたが
このお店でセイロン紅茶に目が覚めました!
暑い夏には、水出し紅茶オススメです (^-^)
紅茶リーフ10g~14g(ティースプーン中盛4杯程)に
常温水を1リットル加えてそのまま常温で
3~5時間ぐらい放置。
その後、全体をかるく混ぜ、茶葉を濾し取りながら
保存用の容器に移して出来上がり。
濃すぎた場合は水で薄めれば大丈夫。
次からは、自分の好みで茶葉や水の量を
加減して作れば (≧∇≦)b OK
ディンブラFOP(ディヤエッラ茶園)で作りました。

2005/08/04(木) | お茶の話 | トラックバック(-) | コメント(0)

pointはじめて

Tea For Two ・・・ふたりでお茶を・・・
そんな感じで、書いてみたいと思いました。

紅茶のお話

新茶の紅茶、ガネッシュの黒缶
少し高い・・・いいえ、かなり高い紅茶ですが
お湯を注いだときに広がるその香りは
なんともいえない優しい香り。

ダージリンってこんな香りだったんだ。
渋味や苦味がなくて、さわやかな感じ、甘くも感じる。

おいしい、おいしい!!
幸せな気分。

2005/05/13(金) | お茶の話 | トラックバック(-) | コメント(-)

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。