pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point生もの…

もともと「生」のものがあるのかさえ知らないけれど
わざわざ「生」と言うのが最近の流行りなのかな?

キャラメルに「生」があったとは!
でも一体何が「生」?そもそも「生」ってどういう状態?

加工していないものが「生」と思っていたら
生ビール、生クリーム、生チョコ…生ジュース、生パスタ
生コン、生ゴミ・・・生中継

「生」って、腐ることが前提?
最近はやりの「生」のつく食べ物は
新鮮さをアピールしているだけかもしれない。

それでも「生」とつくと
フレッシュな感じがして魅力なのだゎ。

最近、話題の「生キャラメル」のBOX
生もの

こんなBOXで「生」とついているキャラメルは
高級感があります。
スポンサーサイト

2008/11/28(金) | いろいろ | トラックバック(-) | コメント(0)

point三本木農業、馬術部

「盲目の馬の取材をしているんだ。」
何年か前に、そんな話をしていた、幼なじみ
遠く離れているので、仕事でどんなことをしているとか
詳しくはわからないまま、年に数回の電話とメール。

「あの馬のドキュメンタリーが映画になる。」
映画になるようなスゴイことしていたんだ!
映画 三本木農業、馬術部  

ことばで表すなら「心の交流」となってしまう。
相手を想い、尽くす
これは心、気持ちの問題で、決して押し付けや強要ではなく
相手の気持ちになって、のこと。
そしてそれに相手(コスモ)が応える
それが、心の交流という言葉になった。
あぁ、なんて言葉ってカンタンになってしまうのか・・・
映画を見て心に響いたものがたくさんあるのに。

ドキュメンタリー
盲目の名馬 タカラコスモス
 平成14年日本民間放送連盟賞
 テレビエンターテインメント部門  優秀賞受賞

2008/11/22(土) | いろいろ | トラックバック(-) | コメント(0)

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。