pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point中国茶

中国緑茶は新茶の季節です。
今回のお稽古に先生が持ってきたお茶は
明前龍井(メイゼンロンチン)、高橋銀峯(コウキョウギンポウ、)安吉白茶(アンキツハクチャ)。
緑茶の作法は初めて。
茶器も作法、今までの烏龍茶とはまったく違いました。
とりあえず、茶葉をそのままいただきます(^~^)モグモグ
日本茶ではありえなかった、茶葉を食べる!
あ~ん、オイシイ♪
中国緑茶の作法ではガラスの蓋碗で、まず茶葉の香りと
葉の開いていく様子を楽しみます。
香ばしい香りと、緑色鮮やかな茶葉が開いていく様、お茶をいただくまでの時間が楽しいひと時。
高橋銀峯をいれてみましたが、ちょっと薄かったなぁ・・・。
蒸らし時間と注ぎ方が、微妙なのだ。
おとなりの席の安吉白茶をいただきましたが
美味しい~ うふ♪(* ̄ー ̄)v

2005/05/29(日) | いろいろ | トラックバック(-) | コメント(0)

前ページ | | 次ページ

pointコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。