pointスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

point虫取りアミ

夏の夜の恐怖は、部屋の明かりに誘われて
飛び回る蛾や得体の知れない虫・・・。
網戸をしているのにもかかわらず、どこから入ってきたの?
日中は、どこか隅っこに潜んでいて
夜になると、電灯の周りをバタバタと音を立てて飛び回る。
そんなモノが飛んでいては、落ち着かない o(ToT)oワオ~ン!
叩けば粉が飛び散り、つぶれた死骸が張り付く。
そこで、虫取りアミで捕獲作戦!これはいい考えv(^o^)v
ミホフィと大喜びして、準備OKなのに虫がいなくなった。

2006/08/07(月) | いろいろ | トラックバック(-) | コメント(1)

前ページ | | 次ページ

point超昔の釜石人

「蚊帳」 「蚊屋」

「蚊にくわれないよう(刺されないよう)にする編み目の細い防御テント」つまり蚊が入って来れないようにする細い編みテント。のことを思い出しました。

昭和40年代前半まであったように記憶しています。

昭和40年代に「蚊にくわれ(刺され)たら。。。↓

「蛇焼酎」(多分知らない人多数と存じます)を塗る。かなり沁みるが、万能薬であり、また即効性があるためか、かなり効くぅ~。

かゆくて、思いっきりかいて、そこに「キンカン」塗るとさらに超思いっきり沁みるぅ~。

って経験、ぼくだけかな?

2006/08/08(火) 21:34:13 | URL | [ 編集]

pointコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
前ページ | | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。